『データを取得する』もちろん、これも骨の折れる作業ですが、yepはその先にある『データを使い、お客様の要望をどう実現するか』に真摯に向き合ってきました。データの入手方法をはじめ、どんな技術を使えば実現できるのか、どんな環境を整えれば実現できるのか。多彩な経験を持つエンジニアたちが、お客様と一緒になって、叶えたかったものを丁寧にかたちにしていきます。一部ではありますが、yepの関わってきた技術のご紹介をさせていただきます。

技術紹介

WebRTC(Web Real-Time Communication)

WebRTC(Web Real-Time Communication)は、パソコンやスマートフォンのブラウザで、サーバーを介さないP2P(Peer to Peer)のリアルタイム通信(動画・音声・チャット・データ)を実現するシステムです。従来の通信方法では人数が多くなる度にサーバーを増強する必要がありましたが、WebRTCではサーバーを介さず、デバイス同士を直接繋げることにより、コストが掛からないことで注目を浴びています。近年では、音声通話・ビデオ通話のWebツールで取り入れられている技術です。

WebRTCのイメージ 片方向通信 双方向通信

WebRTCの応用例

Web会議

Web会議イメージ

パソコンとスマートフォンがインターネットに接続できれば、誰でも簡単に参加できることが最大の利点です。専用の機器を必要としないので、会議の場所を選びません。

コンタクトセンター

コンタクトセンターイメージ

電話や別アプリに切替せず、Webサイト内で処理を完結できることが最大の利点です。ログイン情報を引き継げ、資料や画面を容易に共有することもできます。

※イメージしやすい例としては、Skypeのような動画・テキストチャットになります。

SVM(Support Vector Machine)

SVM(Support Vector Machine)とは、機械学習を用いるパターン認識手法の一つで、データの集合体をクラス分類する識別関数のことです。SVMはサンプルから、各データ点との距離が最大となるマージン最大化超平面を求める基準で線形入力素子のパラメータを学習します。

SVM解説イメージ
SVM補足イメージ

赤リンゴのデータ周りの領域と青りんごの周りの領域とが距離が最大化されるよう基準を設けることで、それぞれのクラスの未学習の類似の問いに対する正しい答えを導く能力が低くならないようにする手法です。

ROS(Robot Operating System)

ROS(Robot Operating System)とは、ロボット向けの開発ツールなどのオープンソフトウェアのことです。ROSは「分散処理」システムを採用し、産業用ロボットと相性が良いと言われています。ロボットの座標やセンサーなどの独立したソフトウェアをROSノードと呼び、トピック・サービスを介して情報処理や司令を受け取り、最適な運用・管理するものをROSマスターと呼ばれています。ROSの使用する最大のメリットは、バイナリファイルがROSを通すことで整形された状態ですぐ使えることです。yepではROSを使用し応用した案件を取扱っています。

ROS解説イメージ
トピック

トピック(topic)とは、ROSマスターを介してノード間で通信をするデータのことです。常にデータを発信しており、送信側(Publisher)・通信側(Subscriber)はお互いがどのようにデータを送受信をしているかは関知しません。トピックは1対1通信だけでなく1対多数通信が行えます。

サービス

サービス(service)とは、相手の状態に関係なく通信しているトピックに対し、サービスは要求があったときのみ応答します。サービスは要求するクライアントと応答するサーバと言い、クライアント側は応答の成否を知ることができます。サービスは1対1の同期通信になります。

アクション

アクション(action)は要求するクライアントと応答するサーバがあり、処理が長く応答までの時間が要する時に使用され、処理途中の結果を受け取ることが可能です。アクションは1対1の非同期通信になります。

LIDAR(Light Detection and Ranging)

LIDAR(Light Detection and Ranging)とは、目標物にレーザ光を照射して目標物までの距離測定や性質を特定する、光センサー技術のことです。生産工場の障害物検知、空間マッピングなどに用いられています。

LIDAR解説イメージ

Sensor

Sensorは、音・温度・光・圧力・流量などの、空間情報・時間情報といった物理量を検知し、機械が扱い易い信号に変換する装置のことです。使用例としては、温度センサー、ガス警報器などに多く用いられています。 yepは、このような技術を活かした案件も取扱っております。

sensor解説イメージ